Googleコアアルゴリズム変更(2018年8月1日)からの復活実録!アップデート対策の噂を実際に検証

 2018年8月1日、Googleコアアルゴリズム変更が実施され、検索順位が大変動。

 すでに、落ちた、上がった、その理由は~という事実解説と対策方法予想記事はたくさん出ています。

 しかしながら、今回のSEO対策事情の変更で、検索圏外に吹っ飛んでしまったが、そこから見事に復活しました~という実録記事は、1ヵ月間経とうとしている本日でも全然見かけない。

 そこで、今回、身体メンテナンス系店舗様での復活プロセスをご紹介させて頂きます。

目次

SEO対策 リニューアル前の状態

以下のキーワード群がほぼ圏外に急落。

  • 「サービス名+地名」が主力キーワード。
    複合業態であるため、「整骨院・接骨院・骨盤矯正・鍼灸院・整体院・マッサージ・カイロプラクティック」と業態キーワードだけでも、一般的な店舗サイトに比べ2~7倍、対象キーワード数が多く、SEOパワーが分散してしまい、難易度が高い。
  • 「サービス名+地名+ランキングや口コミ」がサブのキーワード。
    実際に人気のある店舗様で、ポータルサイト内でも人気ランキングが1位なので、こちらはプラス材料。
  • 「店舗名+料金や地図」といった自然なキーワード。
    もしも、「店舗名+料金」を紹介客様が検索した場合、自店はどこまで探しても表示されず、ライバル店舗やエキテンなどのポータルサイトが表示されてしまう、かなり困った状態にありました。
3週間後の成果

 上記の内、Googleサジェスト(検索の下段に出てくる検索候補)に含まれる、人気キーワードに限定したとしても、十数個、約3週間で1~10位に浮上!

 単一業態では、すでに運営歴20年レベル、全国対応の巨大ポータルサイト群も抑え込み、ミッションコンプリート。今回は、複合業態でなので、まだ完了ではないですが(汗)。

 まずは、インターネット上に上がっているWEB集客コンサルタントさん達のホームページやSNSに投稿されている噂を、一つひとつ検証するところからスタートしました。

SEO対策の噂を検証
  • YMYL(Your Money, Your Lifeの略)と言われる健康・医療・お金分野のサイトにて、資格などの権威がない所有者のサイトは、閲覧者にマイナスだと順位を下げた。

    →すでに、この要素は2017年末から影響が吸収されていて、今回、これが理由で暴落ってサイトは少ないでしょう。しかも、違う業界でも、落ちているところは多岐に渡っています。
  • モバイルファーストインデックス(通称:MFI。スマホでの検索順位をPCの検索順位にも使いますよ。だから、スマホ対応や読み込み速度の高速化をしておいてね)への対策が不十分なサイトが落ちた。
    →むしろ、スマホ未対応サイトで生き残っているサイトも目立つ。なので、今回はさほど影響が出ていない様子。もちろん、スマホ対応度の重要性はドンドン上がる見込みです。
  • SSL(http→https)が済んでいないサイトが順位を下げた。
    →こちらもまだ影響は出ていない様子。
  • バックリンクが多いところが生き残った。
    →上位サイトを調べると、全くそんなことはなかった。SEO屋さんが受注目的で流した噂と感じている業界人は多い。むしろ、バックリンクのリスクは大きくなったように分析しています。
  • ドメイン取得が古いサイトが生き残った。
    →毎回、大変動後、一時的には古いサイトが上がる傾向がある。今回もあてはまっていた。しかしながら、今回のサイト含め、オープン半年に満たないような新設サイトも上位表示は可能なので、ドメインの古さを嘆く意味はない。
  • 良い記事、価値の高いコンテンツが全てだぁ。
    →Googleの方向性は、その通り。
     だけど、今後は良いライティングができますよ、デザインソフトは使えますよ、WORDPRESSの既製品テンプレートやペライチだったら、ホームページが作れますよ~という次元では通用しない。
     その予兆が、今回の変動の中で見えてきました。詳細説明は省きますが。

 上記のように、一般的に言われている説だけでは、現実的には、復活できない。そんな時、注意して対応しておいた方が良いことを次に挙げていきます。
 今回、まだ完璧ではないけど、2業態分は、トップ争いに急浮上させることに成功。それを叶えた要因は、ここから下の要素が大きかったと思います。

SEO対策 盲点になりがちなこと
  • 発リンク先の問題。
     埋め込みウィジェットやバナーなどの発リンク。これが原因で、2018年3~4月にアフィリエイトサイトが急落しましたが、今回、圏外に飛んだホームページの動きは、これに近い印象を受けました。
  • サイト内の重複登録。
     例えば、タグやカテゴリーでも無造作に重複インデックスをさせていたり、ブログタイトルが過去記事とダブっていたりといった問題。
     インターネット経由で食べている人にとっては、基本的なことですが、デザイナーメインあるいはライティングメインのコーポレートサイト制作会社は、かなりこの辺をミスっています。
     今回、こういったサイト構築のベース部分で、Googleの対応が厳しくなったのではないかという手応えがありました。
  • Googleクロールが変更になっている点。
     2018年2月頃、Google Search ConsoleのFetch as Googleを送信してるってだけでは、更新変更が反映されにくくなっています。
     その現実にただただ気が付いていない。気付いているが、速める術がわからないというケースも多いはずです。
  • 外部リンク先の問題。
     会社名、屋号で検索結果に出てこないというフォーラムでの相談が増えています。他のキーワードを捨てて、会社名・屋号にキーワードをしぼっていても回復しない時には、変なテキストリンク、あるいは自サイトと関係なさ過ぎるサイトやペナルティーを受けているサイトからの外部リングが原因かと想像しています。
余談と想像

 今回の変動期に、「Hollow World」、「これは最初の投稿です」というサイトが上位表示されていました。ご存じ、ワードプレスのサンプル投稿ですね(笑)
 「地名+整骨院」というキーワードで上位表示されているサイトで、「整骨院」という文字はサイト内に1文字もない、とある「整体院」さんを発見(8月初旬は5位、9月13日には16位に落ちてはいます)。整骨院と整体では、そもそも業態が違うのに・・・。
 サンプル投稿を平気で公開済みにしておくようなホームページ制作会社も駄目ですが、それを上位表示させてしまうGoogleにも混乱を感じます。
 近年、Googleは神レベルですごい、Aiスゲーという風潮があるのではないでしょうか?
 そう思い込んでいたら、先々のSEO対策、WEBマーケティングでは苦戦すると予想しています。

 現在、閲覧者に多大な迷惑がかかるであろう健康・医療・お金関係のホームページに大きな影響が出ていますが、実際のところ、ちゃんとした資格も保有して、誠実なご商売をしているのに、今回のGoogleさんの動きで痛手を被った方々は、世界中にたくさんおられるはずです。目的と真逆の結果も生んでいる訳ですから、影響力の大きい巨象ではあっても、神レベルのスゲー存在ではないのです。
 むしろ、日本語は特殊だからGoogleさんでも難しいのだろうな、1文字数円で記事制作を代行するようなコンテンツマーケティング業者が乱立したせいで、Googleさんの負荷が跳ね上がって大変だろうな・・・だから、Googleさんというインフラをよくするためにも、クロールに優しいコーディングをしようって気持ちが大切だと感じています。
 今後は、

  • 良くも悪くも、ユーザーに大きな影響を与え得るサービス・商品を取り扱っている。
  • 御社の同業者、または隣接する業界に、いかがわしい人達が多い。あるいは増えた。
  • SEO会社や集客コンサル、ポータルサイトからの営業が増えた。

という条件を満たす業界は、注意が必要でしょう。

 Googleのアルゴリズムも未完成、そしてまた、忘れてはいけないのは、Googleもコストを抑えつつ、収益を上げたい・・・利潤追及企業の一つだという視点です。
 例えば、こういう可能性も頭に入れておきたいと個人的に思っていることがあります。今のところ、Googleは乱立するポータルサイトと連携姿勢にありますが、果たしてそれを維持する気があるのだろうか・・・。
 YESの場合、NOの場合、何れにしても、今後のホームページ制作・運営では、目に見えない部分、つまりコーディングの技術で大差が出ていくでしょう。

お願い事

 今回の記事では、私の実体験からSEO対策、2018年8月のGoogleコアアルゴリズム・アップデート対策について投稿させて頂きました。まだまだ、少ない検証です。ご参考にされる場合は、自己責任でお願いします。
 また、クライアント様の権利を守るために、ネット上で全てを書けない弊社の実情もございます。
 どうにもならず、お困りの方、ご相談はお電話ではなく、まずはURLや状況がわかる内容をフォームから送信して下さい。(たくさんのご相談を頂いておりまして、少々お待たせしてしまうかもしれません。同業者様からのノウハウ提供依頼、レポート請求も、現在、お断りさせて頂いています。どうぞ、ご了承下さい。)

Googelコアアルゴリズム・アップデートからの復活事例

コアアルゴリズム変更からの復活。SEO対策でアップデートを攻略

Googleコアアルゴリズム・アップデートからの復活。2019年3月前後編

という後日談記事もアップさせて頂きました。あわせてご覧になって頂けたなら、幸いです。

 最後となりますが、ビズサポの姉妹団体「リブランディング協会」はSEO対策だけではなく、選ばれるためのWEBブランディングの実績も豊富です。WEBブランディングのページもご覧になって下さい。

(2018年8月27日)



お問い合わせ

最初の記事です。


ビズサポ
サイト内検索


空っぽの状態で「検索」をクリックすると、全サイトの閲覧人気ランキングをご覧になって頂けます。絞り込み検索をなさりたい方は、カテゴリ・タグを選択、あるいはキーワードをご入力の上、「検索」をクリックして下さい。

ビズサポ
人気順ランキング

Googleコアアルゴリズム・アップデートからの復活事例&WEB集患・SEO対策。2019年3月~6月編1

1822回閲覧

Googleコアアルゴリズム・アップデートからの復活事例&WEB集患・SEO対策

  (左:整体院様 右:クリニック様)    前々回、Googleコアアルゴリズム変更(2018年8月1日)からの復活実録!アップデート対策の...

WEBセミナー・ドットビズ|オンラインセミナーポータルサイト2

1538回閲覧

WEBセミナー・ドットビズ|オンラインセミナーポータルサイト

ポータルサイト名 WEBセミナー・ドットビズ 特徴 WEBセミナー運営者の無料提供動画や有名ビジネス系YOUTUBERさんの動画を人気ランキング形式でご...

横浜おすすめ人気比較|地域活性化ポータルサイト3

1392回閲覧

横浜おすすめ人気比較|地域活性化ポータルサイト

サイト名 横浜おすすめ人気比較 特徴 横浜市を中心とした神奈川県の企業を人気ランキング形式でご紹介しているポータルサイトです。 横浜市をターゲットにした...

Googleコアアルゴリズム変更(2018年8月1日)からの復活実録!アップデート対策の噂を実際に検証4

1259回閲覧

Googleコアアルゴリズム変更(2018年8月1日)からの復活実録!アップデー

 2018年8月1日、Googleコアアルゴリズム変更が実施され、検索順位が大変動。  すでに、落ちた、上がった、その理由は~という事実解説と対策方法予想記事はたく...

ビズサポ
新着順

人気おすすめドットコム|地域活性化ポータルサイト ★閲覧数→834回

人気おすすめドットコム|地域活性化ポータルサイト

サイト名 人気おすすめドットコム 特徴 人気おすすめドットコムは、企業を地域・業種ごとに人気ランキング形式でご紹介している弊社のポータルサ...

巻き爪治療専門|医療系オウンドメディア ★閲覧数→803回

巻き爪治療専門|医療系オウンドメディア

オウンドメディア名 東京巻き爪治療専門情報&サロン 特徴 巻き爪・陥入爪・肥厚爪などでお悩みの方は沢山おられます。 病院に行くべきか、...

横浜おすすめ人気比較|地域活性化ポータルサイト ★閲覧数→1392回

横浜おすすめ人気比較|地域活性化ポータルサイト

サイト名 横浜おすすめ人気比較 特徴 横浜市を中心とした神奈川県の企業を人気ランキング形式でご紹介しているポータルサイトです。 横浜市をタ...

WEBセミナー・ドットビズ|オンラインセミナーポータルサイト ★閲覧数→1538回

WEBセミナー・ドットビズ|オンラインセミナーポータルサイト

ポータルサイト名 WEBセミナー・ドットビズ 特徴 WEBセミナー運営者の無料提供動画や有名ビジネス系YOUTUBERさんの動画を人気ラン...

-->